MENU

ベンジャミン・チャント:日本鍼灸の民族学的フィールドワーク

 

2019年3月ベンジャミン・チャント先生の論文
「日本鍼灸の治療効果の確認」
The confirmation of treatment effects in Japanese acupuncture
Benjamin Chant,et al.
Integr Med Res. 2019 Mar; 8(1): 62–69.
Published online 2018 Aug 25. doi: 10.1016/j.imr.2018.08.003
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6428924/

 


ニューイングランド大学健康学部で、BHSc(Bachelor of Health Sciences:健康科学学士)、Acupuncture、Ph.D(博士)を取得されたベンジャミン・チャント先生は、日本鍼灸について民族学的フィールドワークを継続されています。

 

このような先行研究にマーガレット・ロック著、『都市文化と東洋医学』、思文閣出版 (1990/11/1)があります。日本の鍼灸を医療人類学的にフィールドワークしたものです。

 

 

2017年9月ベンジャミン・チャント
「日本鍼灸におけるビリーフとヴァリュー:日本における鍼灸師のトレーニングのエスノグラフィー」
Beliefs and values in Japanese acupuncture: an ethnography of Japanese trained acupuncture practitioners in Japan
BenjaminChant et al.
Integrative Medicine Research
Volume 6, Issue 3, September 2017, Pages 260-268
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28951840
https://www.sciencedirect.com/…/artic…/pii/S2213422017300653

 

2017年10月ベンジャミン・チャント
「日本鍼灸における接触鍼ツール:日本の鍼プラクティショナーのエスノグラフィー」
Contact Tools in Japanese Acupuncture: An Ethnography of Acupuncture Practitioners in Japan
Author links open overlay panelBenjamin CW.Chant
Journal of Acupuncture and Meridian Studies
Volume 10, Issue 5, October 2017, Pages 331-339
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29078968
https://www.sciencedirect.com/…/arti…/pii/S2005290117300596…

以下、引用。

【タッピング】
この方法は、しばしば「散鍼」と日本語で表現される。

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次