MENU

ガン化学療法の末梢神経ニューロパシーへの日本式接触鍼

 

 

「ガン化学療法による末梢神経ニューロパシーへの接触鍼の効果の光学試験:カラースペクトラムインフォメーションのよる日本伝統の漢方療法の統合検査」
Optical examination of the efficacy of contact needle therapy for chemotherapy-induced peripheral neuropathy: integration of inspection in Kampo therapy with color spectrum information
Keiko Ogawa-Ochiai
Akiko Shirai
Masaki Tsuda
Norimichi Tsumura
Artificial Life and Robotics
pp 1–5
First Online: 04 July 2018

 

超一流出版社シュプリンガーの雑誌『人工知能とロボティクス』に日本の接触鍼の効果をハイテクで証明した画期的論文が掲載です!

以下、引用。

接触鍼は漢方療法に基づく日本伝統医学の一つである。接触鍼(CNT)はガン化学療法による末梢神経ニューロパシーに経験的に効果的である。しかし、客観的測定が難しかった。

われわれはオキシゲン・サテュレーションによる症候スコアに焦点を当てた。われわれはOPLMオプティカル・パスレングス・マトリックス・メソッドによって皮膚のオキシゲン・サテュレーション酸素浸透を測定し、それは局所の組織損傷や神経損傷を特定できる。
4人のガン化学療法による末梢神経ニューロパシーが接触鍼(CNT)で治療された。

接触鍼はガン化学療法による末梢神経ニューロパシーへの代替療法オプションとして安全で効果的であり、考慮されるべきであろう。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次