MENU

一指禅推拿

 

 

「推拿・一指禅推拿派」は、1860年頃に清代の李鉴臣という少林寺の武術家から始まります。

2代目の丁凤山先生(1843ー1916)→3代目の丁树山先生(1886ー1931)→4代目の朱春霆先生(1906-1990)→5代目の朱鼎先生に伝わりました。

即清咸丰年间,由河南李鉴臣传授的一指禅推拿。现今流传使用的一指禅推拿法是王松山等人在其师丁凤山(李鉴臣之门人)的手法基础上创用发展起来的一种推拿疗法。它包括一指禅推拿法。
推法包括一指推、偏峰推、屈指推、推揉、推摩等法。
(1)一指推:用拇指罗纹面着力推动,使产生轻重交替的劲力的一种手法。

 

常々思うのですが、少林寺に由来する「一指禅推拿」の「推法」は、中国伝統医学の推拿の「推法」と全く違う別系統の医学だと思います。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次