新型コロナウイルス:隔離と人権とロジスティクス

2020年2月8日『中日新聞』
『半数が潜伏期に感染か 北大推計「隔離に限界」』

以下、引用。

新型コロナウイルスによる肺炎患者の二人に一人以上は症状が出ていない潜伏期間中の人から感染した可能性があるとの推計を西浦博・北海道大教授(感染症疫学)らのチームがまとめた。感染から発症までの潜伏期間はこれまでの研究で平均五日程度とされている。しかし今回の分析では、一人目の患者の発症日以降に二人目の患者が感染したとすると、二人目の潜伏期間が平均三・四日と不自然に短くなることが判明。半数以上が発症まで五日未満だったことから、潜伏期間中の感染が半数以上あると結論付けた。

西浦教授は「隔離だけで封じ込めるのは難しいことが明らかになった」とした上で「今後は高齢者などリスクが高い人の感染予防に重点を置くほか、多数の肺炎患者の発生があっても混乱しない医療態勢づくりが重要になる」と指摘している。

今回の新型コロナウイルス感染症は潜伏期間・無症状での感染が半数です。致死率は現在の分析では低く、「隔離で封じ込めるのは難しいので高齢者などリスクの高い人の感染予防に重点を置く」という医療資源の再配置の提言に個人的には大賛成です。

PCR核酸検査も感染爆発すれば無くなってしまいますし、医師の先生や看護師さん、医療スタッフの健康や生命を守るためにも陰性の確認のためだけの受診を減らし、医療スタッフの方々が本来の仕事である重篤な患者さんの救命に集中できるように社会がサポートするのが理想だと思います。今のインフルエンザ陰性証明書のような無知と愚かさに基づく医療政策を変更する良いチャンスだと思います。

医療機関も、感染症のトレーニングを受けた医療スタッフも、PCR核酸検査も、隔離病棟のベッドも人工呼吸器も有限です。有限な資源を効率的に使うために、戦略的には防衛ラインをギリギリまで下げます。すでに最前線の防衛ラインは突破された状態なので、隔離による最前線の防衛による封じ込めは無意味になっています。ハイリスク患者や高齢者などの救命まで防衛ラインを下げて重篤な患者さんの救命に集中したほうが戦略的だと個人的には思っています。

中国の鐘南山先生は潜伏期間は最大で24日間で、半数は発熱などの症状が欠如していると論文で発表されましたが、潜伏期間24日は1099症例中1例のレアケースであり、それに基づいての変更は考えていないと言明されました。

2020年2月11日『新華網』
「鐘南山院士の『潜伏期間24日』の解読」
钟南山院士关于“潜伏期24天”的解读

さらに、鐘南山先生は新型コロナウイルス感染症の流行のピークは2月中下旬であろうという個人的予測を表明されています。

2020年2月11日『新華網』
「鐘南山:疫病の『変曲点(inflection point)』を予測することはできないが、ピークは2月中下旬に出現するだろう」
钟南山:疫情拐点无法预测 峰值应在2月中下旬出现

鐘南山先生の予測の背景には中国特有の苛烈な隔離政策があると推測します。

2020年2月10日
「北京・上海・天津・重慶の四大直轄都市は、『封閉式管理』を宣言した」
北京、上海、天津、重慶淪陷 四大直轄市宣佈「封閉式管理」

武漢のような完全な都市封鎖ではなく、出入りする自動車やヒトの体温測定する封閉式管理です。しかし、これも体温が正常の「無症状・潜伏期間」の方を見逃してしまう可能性はあります。

北朝鮮は鐘南山先生の論文をもとに隔離期間を15日から30日に延長しました。

2020年2月13日『TBSニュース』
「感染疑いの隔離期間を30日に延長 北朝鮮、新型コロナウイルス対策」

以下、引用。

中国政府の専門家チームのトップ・鍾南山氏らが新型コロナウイルスの潜伏期間を「最長で24日」と発表した論文を念頭に、報道では「潜伏期間が24日という研究結果も出ている」と触れられています。

日本政府は無症状でも隔離可能なように政令を改正します・・・。

2020年2月13日『毎日新聞』
「新型肺炎 無症状でも隔離可能に 政府、あす政令改正へ」

しかし、無症状でも隔離するにはPCR核酸検査キットが大量に必要となります。新型コロナウイルスのPCR核酸検査が大量にあり、感染防止のゴーグルやN95マスクが無尽蔵に存在し、感染症対策のトレーニングを受けた医療スタッフと隔離病棟のベッドが無尽蔵に存在するなら実施は可能かも知れません。これは戦争における兵站(ロジスティックス)の問題です。N95マスクさえ足らない現状では現場が混乱するのは目に見えています。

また、隔離には強制力が必要となります。日本にはハンセン氏病の方々を隔離・差別したという歴史もあります。人権を制限するので現場に猛烈な精神的負担がかかるのは容易に予測できます。ロジスティックスの問題は精神力では解決できません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする