耳介迷走神経刺激でアンチエイジング

2019年9月11日『健康2.0』
「イギリスの研究は耳介刺激がアンチエイジング効果を発現し、健康を促すとしている。名中医師があなたに有効なやり方を教えます」
英研究發現刺激耳朵能抗老、促健康 名中醫教你徒手這樣按就有效


台湾の中医師による、2019年7月30日にイギリスの名門国立大学リーズ大学が発表した耳介迷走神経刺激によるアンチエイジング効果の論文の紹介です。


2019年7月「55歳以上の年齢への経皮的迷走神経刺激の効果:日常刺激の潜在的利益」
Effects of transcutaneous vagus nerve stimulation in individuals aged 55 years or above: potential benefits of daily stimulation
Beatrice Bretherton
Aging Volume 11, Issue 14 pp 4836—4857
https://www.aging-us.com/article/102074/text

2019年7月30日『サイエンス・ブログ』
「(耳介)経皮的迷走神経刺激は、加齢を遅らせる」
Transcutaneous Vagus Nerve Stimulation Could Help Slow Aging

以下、引用。

リード大学による新しい研究は、この治療法が加齢による重大な影響をスローダウンさせるかもしれないことを示唆している。

他の世界中の研究者たちも今、経皮的迷走神経刺激が心臓病からメンタルヘルスにいたる状況に治療が提供できるかどうかを調査している最中である。

2019年7月
「55歳以上の年齢への経皮的迷走神経刺激の効果:日常刺激の潜在的利益」
Effects of transcutaneous vagus nerve stimulation in individuals aged 55 years or above: potential benefits of daily stimulation
Beatrice Bretherton
Aging Volume 11, Issue 14 pp 4836—4857
https://www.aging-us.com/article/102074/text

以下、論文より引用。

耳介経皮性迷走神経刺激の手軽さや応用しやすさを考慮すれば、健康年齢の延長の可能性と加齢関連コンディションの緩和は重要である。もちろん、最適な耳介迷走神経刺激のパラメーター(電流、パルス幅、周波数)、耳介迷走神経刺激の刺激時間(例:15分間)、時間の問題(例:2週間に1回)、特定の患者に必要な方法などが必要である。

耳介迷走神経刺激は世界中で研究されています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする