AI人工知能の利用

2022年4月1日『インターネット韓医新聞(한의신문)』
「補完代替医学におけるAI人工知能の研究、韓医学の役割拡大」
AI에 대한 보완대체의학 연구 발표, 한의학 역할 확대 ‘기대’

韓国、慶熙大学校韓医学部のユン・ボヨン教授が『薬理学フロンティア』という医学雑誌に発表した論文についての記事です。

2022年4月1日『薬理学フロンティア』
「補完代替医学における、AI人工知能の利用:システマティック・スコーピング・レビュー」
The Use of Artificial Intelligence in Complementary and Alternative Medicine: A Systematic Scoping Review
Bo-Young Youn et al.
Front. Pharmacol., 01 April 2022

以下、引用。

【結果】
全部で32のAI人工知能を用いた研究が特定され、カテゴリーは3つに分けられる。1鍼治療、2舌診、3漢方薬(韓方)である。

【鍼治療におけるAI人工知能利用の結果】
全部で5つの鍼治療に関する研究が特定された。ほとんどがツボの選択に関するものだった。韓国のユンらの2019年の研究は、症状と病気の情報に基づく医学記録メディカル・レコードを利用して、ツボのパターンを予測しようとするもので興味深い。

2019年
「人工ニューラルネットワークモデルによる症状とツボ選択における隠れたルールの特徴化」
Characterization of hidden rules linking symptoms and selection of acupoint using an artificial neural network model
Won-Mo Jung et al.
Frontiers of Medicine volume 13, pages112–120 (2019)

以下、引用。

【舌診と唇診におけるAI人工知能の利用】
ほとんどの研究は、舌診で舌色を人工知能によって分類に用いようという研究である。

さらに、中医学の弁証と中医学症状の分類に関する2つのレビュー論文があった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする