中国政府推奨の漢方、蓮花清瘟の株価大暴落

2022年4月18日『ザ・プリント』
「中医学の薬がコビット19の予防として信用を失い、評判に大打撃をうけている」
Chinese herbal medicine receives crushing blow to its reputation as product discredited for preventing COVID-19

上海が新型コロナウイルスでロックダウンされた際、予防薬として中医学の中成薬、蓮花清瘟が配布されましたが、その会社の株価が大暴落しました。

以下、引用。

健康プラットホーム・サイトの「丁香医生」が中医薬はコビット19を予防できないと暴露し、国民に予防薬として服用しないようにアドバイスした。

丁香医生のレポートがネットに流れると、製薬企業である以岭药业は窮地に陥った。蓮花清瘟が同社の売り上げの40%を占めているからである。

蓮花清瘟がコビット19の予防に効果がないと暴露された後、会社の株価は金曜日だけで67億元も暴落した。

2022年4月1日から上海全域がロックダウンとなり、蓮花清瘟が配られ始めます。

4月3日、以岭药业は蓮花清瘟を増産します。

4月6日、人民日報は「WHOがコビット19に対する蓮花清瘟の効果を確認した」と報道し、以岭药业の株価はストップ高となり、創業者の呉以嶺教授の一族の資産は20億ドルから45億ドルへと倍増しました。しかし、蓮花清瘟は配られても食料などの生活必需品は配られないとして、WeipoやWeChatなどのSNSで中国ネチズンが騒ぎ出しました。輸送能力の3分の1を蓮花清瘟の配布に使い、食料配布などを怠っていた実態が大量に書き込まれました。

4月16日、丁香医生という健康プラットフォームの医師たちが「蓮華清瘟は新型コロナウイルスの予防効果はない」と声明を出し、株価は1日で10億5千万ドル(1,500億円)も下落しました。

以下、引用。

蓮花清瘟は悪心・嘔吐・下痢・湿疹という副作用を起こすかもしれないと、上海中医薬大学の龍華病院のフォン・バンジアン医師は述べ、コビット19の患者のマイルドな症状である発熱や肺炎には使えるが、予防の効果には適さない。蓮花清瘟は腎臓のシステムに影響もあたえると述べる。

上海中医薬大学の中医師の先生は、市民の健康を守るために強い意見を述べています。この先生は学問に誠実だと思います。

中国政府と中医薬企業はWHOの声明さえも株価操作の道具として利用しているというのが、中国伝統医学の一面です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする