化学療法誘発性末梢神経障害

2021年1月16日『メディカル・アキュパンクチャー』
「化学療法誘発性末梢神経障害への耳鍼の効果:73症例の症例報告」
Efficacy of Auricular Acupuncture in Chemotherapy-Induced Peripheral Neuropathy: A Case Series of 73 Cases
Erika Viel MD et al.
Med Acupunct. June 2021; 33(3): 212–218.
Published online 2021 Jun 16.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8729890/

以下、引用。

(73人のがん患者の中の)47人のがん患者は改善を報告し、31パーセントは「大きな改善」を報告した。

32人(68パーセント)は1回目の治療で、13人(28パーセント)は2階の治療で改善を報告し、3回目の耳鍼で改善を報告したのはわずか2例(4パーセント)だった。

著者のフランスのエリカ・フィール医師は、フランスのダヴィッド・アリミ先生の開発したアリミ・プロトコルを使用しています。

マスター・ポイントO’に相当する脳梁、オメガ、ピーエムエス、ポステリオア・ハイポサラマス(後部視床下部)、S1神経根、足のマスターポイントを下肢のしびれに用いています。

、「5 4 3 3 aam Master point foot (sensitive and motor) 11 12 SI (sensitive and motor) 13 14 15 ェ Corpus callosun 16 20 Posterior hypothalamus Copyright David Alimi INPI Oct. 2010 Leteiral ade Under ananatomicrelief Inferiar ananatomic elief nmedial side PMS 2019181716 ω Omega」というテキストの画像のようです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする