シカゴの鍼灸院経営

 
2023年1月14日『ビジネス・インサイダー』
「わたしは鍼灸師に転職し、今年20万ドル(約2,500万円)を稼ぎました。すごく幸せです」
 
 
以下、引用。
 
グドルン・スナイダーはハリウッド・アシスタントの仕事を辞めて鍼師になった。
グドルン・スナイダーは2020年に開業した最初の年に20万ドルを稼いだ。
(ハリウッドでは)初日からロデオドライブで俳優のジェームス・マカヴォイと話しながら、アカデミー賞のドレスをシャネルに取りに行った。
 
「わたしは一週間に80ー90時間、時給14ドル(約1,400円)で働いていました。
2008年にハリウッドの会社を辞めて、鍼の学校にいきました。シカゴのパシフィック・カレッジ・オブ・ヘルス・アンド・サイエンスに4年でドクター学位をとりました。3000時間の臨床と試験があり、半期で8,000ドルでした。
 
初期の投資コストは 15万ドル(約1,500万円)未満でした。パンデミック中に最初にオープンしたときは私だけでしたが、成功のためにオープンしてから1カ月後にスタッフを雇い始めなければなりませんでした。 現在、スタッフは 15 名で、鍼灸師 5 名、マッサージ セラピスト 4 名、マネージャー 3 名、フロント アシスタント 3 名です。
 
開業時、患者数はわたしが出張治療していた数人でした。そこから私のビジネスは口コミで広がりました。最初に郵便広告をしたとき、1,000通をシカゴ地域に送り1,000ドル(10万円)かかりましたが、1つもリターンはありませんでした。それでPR会社にSNS広告を依頼し、いまでは毎月3,200ドル(32万円)をマーケティングとパブリシティに費やしています。
 
インフルエンサーを連れてきました。わたしの娘はシカゴのファッション&トラベル・インフルエンサーであるセタ・ウオルターズと同じ学校に行っていました。彼女は他のインフルエンサーと交渉する際のアドバイスをくれました。
 
インフルエンサーのソーシャル メディアへの投稿と引き換えに、インフルエンサーにトリートメントを提供するのは、年に 4 回未満です。 ニューヨークやロサンゼルスと比べてシカゴは難しいマーケットです。鍼はまだぜいたく品で高価です。
 
わたしは手ごろな価格にするため保険を扱いました。煩雑な事務仕事は嫌でしたが、それでもやりました。また、メンバーシップ・モデル(月額130ドルのサブスクリプション・モデル)を導入しました。
 
 
このインタビューは時代を感じました。
勉強になりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする