鍼はガン治療の副作用を減らす効果がある

 
スペイン医療鍼協会
2022年12月21日
「鍼はガン治療の副作用を減らす効果がある」
 
 
スペイン、ガリシア州のサンティアゴ・デ・コンポステラーラ大学医学部を卒業された
マウロ・モーリン先生は、乳がん患者のアロマターゼ阻害薬の疼痛、更年期のような火照りや寝汗、筋肉痛を治療しているそうです。
 
 
以下、引用。
 
腫瘍の補完療法としての鍼のエビデンスは一貫した結果を出している。
 
 
他に鍼で治療されているのは以下です。
片頭痛
変形性関節症
神経痛
慢性ひざ痛
腰痛
肘痛
肩痛
頚椎症
 
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする