メキシコの鍼

 
2019年10月25日 スペインの新聞『エル・エコノミスタ』
「(メキシコでは)伝統代替医療の営業許可を規制するように要請している」
 
 
以下、引用。
 
メキシコには、大学やさまざまな学術機関を卒業した 2,000 人以上の専門家がおり、伝統医療や代替医療、いわゆる補完医療に関連するキャリアや専門分野を持っている。
国立工科大学で教えられているホメオパシー医学や鍼治療、自治都市大学で教えられている代替医療や植物療法の専門分野、またはサカテカス自治大学で教えられている伝統的な中国医学の修士号などのキャリアについてである。
わたしたちが求めているのは、伝統医学や代替医学が法的に規制されることである。
 
 
 
メキシコの補完代替医療を調べてもっとも驚いたのは、ロボット工学や航空宇宙工学部があるメキシコの最高峰の工科大学であるメキシコ国立工科大学の中に国立ホメオパシー医学学校が存在し、メキシコシティに国立ホメオパシー病院が存在することです。
 
この卒業生は、外科医としてのトレーニングをしながら、同時にホメオパシー医としての訓練を受けます。このような国立医大は、世界でメキシコ国立工科大学だけだそうです。
 
しかも、サカテカス自治大学の鍼は、中医学だけではなく、ベトナム伝統医学の鍼が入っているようです。
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする