シンガポール企業 AiTreatのマッサージAIロボット

以下、引用。
 
開発したのはシンガポールで創業されたAiTreat。マッサージロボ、EMMAは、AIによりツボを感知し、症状に合わせて指、手のひらを模した2つの腕で適切なマッサージを行う。強さ、範囲などは皮膚や筋肉の硬さを測定しながら自動調整される。また、患部に触れる部分は40度に温められ、マッサージ効果を高めるようになっている。
 
アルバート・ジャンCEOはシンガポールの南洋理工大学で生物医学を専攻した。2015年に南洋理工大学の関連会社としてAiTreatを創業した。中国伝統医学は患者の体質や個性に合わせて治療計画を立てる素晴らしい医学だが、同時にその診断と治療には無駄も多いことを実感していた。この無駄を省いて、中国伝統医学をより優れたものにしたいというのが創業のきっかけだ。
 
しかし、マッサージ師をロボットに代替することは考えていないという。実は、マッサージ師の仕事の中で体の凝りをほぐす、痛みを取るというのは10%程度で、90%は体質を改善していくために体のツボを刺激することなのだという。
 
この体質改善のためのマッサージは、どのツボを刺激していくかの正解はなく、患者の体調の変化を見ながら会話をし、試行錯誤をしながら治療方針を立てていくしかない。このような治療計画を立てることはEMMAにはできないので、人間のマッサージ師の仕事になる。
 
つまり、決まりきったマッサージはEMMAが行い、人間のマッサージ師はより高度な治療を行うことで効率を上げ、マッサージ師の収入を上げ、同時に按摩治療をより低価格で提供することが目的だ。
 
 
2023年2月10日
「AIマッサージ・ロボットの臨床試験がアメリカとシンガポールで始まる」
AI Massage Robot Trials Begin in US, Singapore
 
以下、引用。
 
ランダム化比較試験は、シンガポールの南洋理科工科大学とシンガポール総合病院の生物医学および中国医学プログラムが共同で主導する。
 
シンガポールの南洋理工大学の生物科学校にはイースト・ミーツ・ウエスト学位プログラムがあり、生物医科学と中国伝統医学の2つの学位が同時に取得できます。
最初の3年間はシンガポールで生物科学を学び、残りの2年間は北京中医薬大学と提携しており、中医師の資格もとれます。
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする