黄紹傑先生の論文:得気と浅筋膜と深筋膜

 
 
2021年5月4日
黄紹傑
「ツボの鍼感の解剖構造の研究の概説」
腧穴針感解剖結構的研究綜述
 
 
香港中文大学の黄紹傑先生の修士論文のダイジェスに感動しました。いままで出版された論文を概説されており、わかりやすいです。
 
 
以下、引用。
 
藩氏の研究では、カニューレの先端にフェロシアン化カリウムを注入して電気分解を行うと、針を挿入したときと同じ感覚を感じる被験者がいることを発見した。これは鍼治療中の針刺し感覚が、同じ深さの組織の機械的(鍼治療)、化学的(フェロシアン化カリウムの注入)および電気的(電気分解)刺激によって繰り返され、針本体が関与していないことを証明している。したがって、針の感覚は主に針の先端から来ており、針本体の周囲の組織とはほとんど関係がない。
臨床的には、同じツボでも異なるツボの感覚を生み出すことができ、反対に、異なるツボでは同じツボの感覚を生み出すことができる。したがって、針の感覚の生成は単一の受容体の効果ではなく、異なる受容体によって生成される神経情報の共同の結果である可能性がある。さまざまな部分の経穴について経穴の感覚は1つまたは2つの主要な受容体から来る可能性があり、他の受容体の関与は排除されない。
 
【(8)結合組織および筋肉】
得気グループには未知の組織構造は見られず、結合組織が鍼穴の周囲に見られることが示された。史氏らは結合組織繊維が鍼の力の最初の担い手であり、鍼の力を伝達するための媒体として使用できる他の組織構造と密接に関連していると信じていた。 針に巻き付けられた結合組織は、表面的な客観的な針刺し感覚(手の下)の物質的基盤である可能性があるが、針刺し針に巻き付けられ、筋肉収縮を引き起こすために筋繊維を引っ張った深筋膜は、深部の客観的な針刺し感覚の基礎である可能性がある。
 
肩甲骨間の硬結部位の研究では、鍼尖が浅筋膜に到達すると得気が出現した。筋肉に到達すると得気は減弱した。
 
さまざまな組織の刺激がさまざまな針の感覚を引き起こす可能性があり、さまざまな感覚の発生率も刺激された組織によって異なることを示している。神経の幹や枝を刺激するとしばしば「麻(まひした感覚)」が生じ、血管を刺激するとしばしば「痛」が生じ、腱を刺激するとしばしば「酸(しびれ)」が生じ、筋肉を刺激するとしばしば「脹(はれぼったい感じ)」が生じる。
 
繆氏は別の仮説を提唱し、得気は電磁波の生成、伝播、および吸収の現象であると信じている。彼は関連する実験結果を引用し、皮膚にはいくつかの低電気抵抗点があり、経穴や経絡の配置と一致していると信じていた。 ツボの電位は非ツボよりも高く、得気後、ツボの静電電位が著しく上昇し、経絡に電位変動が現れる。経絡とは、人間の体内にある非常に細い自然の継ぎ目であり、内部物質を持たない孤立していない空間構造であり、空気や電波が伝搬するミクロな空間でもある。ただし、その理論モデルはより多くの実験データによってサポートされていない。
 
 
 
 
現在、台湾と香港の繁体字の鍼灸学がもっとも面白いです。
大陸の中国世界ではなく、台湾や香港、あるいは東南アジア華僑世界や欧米の華僑世界を調査するほうが良い気がします。
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする