うつ病への反復経頭蓋磁気刺激法

 
2023年11月21日 『ニュヨーク・ポスト』
「うつ病の症状は経頭蓋磁気刺激療法によって一週間以内に緩和する:新研究」
 
 
以下、引用。
カリフォルニア大学ロサンゼルス校からの新しい研究では、たとえ複数の抗うつ薬治療が失敗した後でも、特定のタイプのTMSが大うつ病患者に効果があることが判明した。
 
最も興味深いのは、これらの患者が治療開始から通常1週間以内に改善を報告し始めることである。
 
クリーブランド・クリニックによると、この手法は 1985 年に初めて開発され、現在ではメンタルヘルスや脳関連のさまざまな症状に使用されている。
 
米食品医薬品局は2008年に大うつ病性障害の治療にTMSを使用することを承認した。うつ病に加えて、FDAは強迫性障害と片頭痛の治療、および禁煙のためのTMSの使用を承認した。
 
今週『Psychiatry Research』誌に発表された研究結果では、患者の54%でうつ病の症状が少なくとも50%改善したことが判明した。
 
 
 
2023年11月18日
「うつ病の反復経頭蓋刺激治療中の臨床改善を検出するための自己評価スケールと観察者評価スケールの比較」
A comparison of self- and observer-rated scales for detecting clinical improvement during repetitive transcranial stimulation (rTMS) treatment of depression
Michael K. Leuchter
Psychiatry Research
Volume 330, December 2023, 115608
 
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする