嚥下障害の廉泉の鍼

Nature論文、嚥下障害の廉泉の鍼
2023年2月16日『チャイナ・デイリー』
「科学者は嚥下障害の理解を拡げる」
 
 
以下、引用。
 
中国の科学者は、脳卒中後の嚥下障害に電気鍼を用いて、いかにして治療するかのメカニズムや詳細を理解するための知見を得た。
この研究は、広州中医薬大学の許能貴により『ネーチャー・コミュニケーション』に月曜日に発表された。許は広州中医薬大学の教授であり、中国鍼灸学会の副会長である。
伝統医療では、廉泉は嚥下障害の治療に有益であることが示されている。しかし、その過程における神経学的メカニズムについてはほとんど知られていない。
 
この研究は、廉泉での電気刺激が運動野の活性化を通じて嚥下機能を改善できることを実証した。
 
 
 
2023年2月13日『ネーチャー・コミュニケーション』
「電気鍼治療は孤束核から傍小脳脚核のを通じた運動野へのインプット活性化により、脳卒中後の嚥下障害マウスモデルの嚥下機能を改善する」
Electroacupuncture improves swallowing function in a post-stroke dysphagia mouse model by activating the motor cortex inputs to the nucleus tractus solitarii through the parabrachial nuclei
Nenggui Xu et al.
Nature communications 2023
 
 
※「この機能不全は対側の一次運動野のレイヤー5の興奮性ニューロンに依存する方法で廉泉での電気鍼治療刺激によって改善される可能性があります。さらに第一次運動野によって調節された傍小脳脚核と孤束核の両方におけるニューロンの活性化は、オスの脳卒中後嚥下障害モデルマウスの嚥下機能を改善する廉泉治療の能力に必要だった。
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする