平安時代の経穴学

『医心方』巻ニ
血海ニ穴
在膝臏上内廉白肉隆二寸中
刺入五分
灸五壮
主婦人漏下、
若血閉不通、
逆気脹。

『医心方』でも、血海は女性の崩漏(ほうろう=子宮からの不正出血)、月経停止、更年期の気逆(のぼせ)、気脹(お腹の張り)を治療していたようで、これは納得のいく主治になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする