ガン性疼痛への耳介鍼

 
2023年1月28日
「耳介鍼はガン性疼痛のマネージメントに補完医療アプローチを提案する」
 
 
以下、引用。
 
耳介鍼は患者のガン性疼痛を管理するだけでなく、オピオイド使用を減らすとヘザー・ジャクソン博士、ボード認証看護師、上級認証看護師、アメリカ・ナース・プラクティショナー・フェローは言う。
 
 
ヘザー・ジャクソン博士が紹介するのは49歳の男性患者です。
 
甲状腺がんの既往歴があり、外科手術後に左頬、頸部、顎関節と多くの顔面痛があり、1日に4回オピオイド鎮痛剤オキシコドン15㎎を飲んでいます。
 
 
以下、引用。
 
わたしが使用する耳鍼はバトルフィールド・アキュパンクチャー・プロトコルである。わたしはまた、薬物のデトックス・プログラムとしてNADAプロトコルを使う。
彼は、最初の耳介鍼の後でいくらかの疼痛減少を感じた。そして3回の耳介鍼治療で疼痛をコントロールできると感じた。私たちはオキシコドン(オピオイド鎮痛剤)を減らし、彼は非常にモチベーションがアップし、完全に断薬した。彼は治療終了4週間後に右の顔面痛は100%なくなり、左の顔面痛は50パーセント減ったことを教えてくれた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする