WHOグローバル伝統医学センターと上海経済機構

 
2023年3月2日 インド日刊新聞『ビジネス・スタンダード』
「WHOグローバル伝統医学センターは伝統医学の実践を強めることを助ける」
 
 
以下、引用。
 
インド伝統医学省大臣ソノワルは、上海経済機構(SCO)の主催で、伝統医学博覧会EXPOとB2Bグローバル・カンファレンスを最初に開催する。
 
 
2023年3月2日から3月5日まで、インド・アッサム州の州都グワーハーティーで上海経済機構(SCO)の伝統医学のグローバル・カンファレンスとエクスポ博覧会が開催されました。
モルジブやミャンマーの保健大臣など、政府関係者や17か国150人がこのイベントに参加しています。
 
上海経済機構はインド・中国・ロシア・カザフスタン・キルギス・タジキスタン・ウズベキスタン・パキスタンの8か国がメンバーです。これだけで地球の人口の半数にあたる32億人の超巨大経済軍事機構となります。
 
オブザーバーはイラン、モンゴル、ベラルーシ、アフガニスタンです。
パートナーはスリランカ、トルコ、アゼルバイジャン、アルメニア、カンボジア、ネパール、エジプト、カタール、サウジアラビアです。
 
 
今回の伝統医学エクスポにはミャンマーとモルジブの保健大臣(日本の厚生労働大臣に相当)が来ていましたが、ミャンマーやモルジブは、これから上海経済機構に参加する予定なのです。
 
 
WHOグローバル伝統医学センターはインドにあり、世界の伝統医学の動向を情報分析するにはBRICs諸国と上海経済機構に関する情報収集が不可欠のようです。日本では上海経済機構に関する情報が驚くほど少ないです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする