MENU

小雪と終の気

 

小雪と終の気:戊戌の主気は太陽寒水、客気は太陰湿土 。

 

金元四大家、張従正著
『儒門事親』の小雪亥上终之气

 

以下、引用。

終の気の病では風痰が多発し、風寒湿が四肢をつまらせて痺証となる。秋は収歛の気が多く、冬は寒水が旺盛となり、水と湿があいうち、肺気が衰える。

積滞、瘕、寒疝、血瘕、およそ気の病である。終の気の病では破積発汗の類が宜しい。

 

積滞は小児の脾胃の消化不良、瘕は腹中の血の固まりで癥瘕です。寒疝は寒さで陰部や陰嚢や腹部が痛くなる病気です。血瘕は少腹部の瘀血です。

 

積聚、癥瘕、疝気はいずれも腹部の気血の停滞となります。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次