MENU

ノヴァク・ジョコヴィッチ選手の経絡『子午流注』理論

 

 

2019年12月8日に新大阪で行われた子宝カウンセラーの会での薬膳講座で紹介したノヴァク・ジョコヴィッチ著『ジョコビッチの生まれ変わる食事』です。世界的なグルテンフリー食ブームのきっかけとなりました。オープンマインドを提唱しているジョコヴィッチ選手の本の77ページには経絡が時間によって旺盛になる『子午流注』理論が書かれていて本当に驚きました。

以下、引用。

東洋医学で私にとって1番参考になったのは体内時計の概念だった。

肺:午前3時ー午後5時。

大腸:午前5時ー午後7時。起きてすぐに水を飲むのはこの時間帯に大腸は体内の毒素を排出しようとするからだ。

胃:午前7時ー午前9時。胃が活発に動いているのはこの時間帯なので朝食を取るには最高の時間帯なのだ。

ノヴァク・ジョコヴィッチ選手の本は単なるグルテンフリーの本ではなく、人生への深い洞察が溢れており、本当にお勧めです。

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次