パーキンソン病患者の便秘への電気鍼

 
2023年1月18日
「パーキンソン病の運動機能、腸機能は電気鍼で改善する」
 
 
以下、引用。
 
標準治療と併用した12週間の電気鍼は、忍容性を高め、運動機能を改善し、便秘を改善したと最新の研究は示している。
 
 
2023年2月1日
「パーキンソン病患者の運動機能と便秘への電気鍼:ランダム化マルチセンター比較試験」
Electroacupuncture for motor dysfunction and constipation in patients with Parkinson’s disease: a randomised controlled multi-centre trial
Kunshan Li et al.
eClinicalMedicine VOLUME 56, 101814, FEBRUARY 01, 2023
 
 
ツボは、以下になります。
「前頂(GV21)」から「懸顱(GB5)」
「四神聡(EX-HN1)」から「懸厘(GB6)」
「曲池(LI11)、合谷(LI4)、陽陵泉(GB34)、足三里(ST36)、三陰交(SP6)、太渓(KI3)、太衝(LR3)
便秘症状に対して:天枢(ST25)と腹結(SP14)を電気鍼でつなげる。
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする