フランスの医療鍼

 
2023年1月20日
「好奇心をそそられる医療鍼の大学卒業資格の紹介」
 
 
フランス、ナント大学病院センターのジュリアン・ニザール教授のインタビューです。
ニザール教授はフランス語圏医療鍼教師協会(CEFAМ)の会長です。
 
 
以下、引用。
 
私たちは医師と助産師のみを教育していて定員は35名である。
授業は135時間で、プロフェッショナルに対応している。
医療鍼は、(フランス、ガール県の)ニーム、パリ、ストラスブールで提供されている。助産師についてナント大学病院センターでは教育を提供している。他には6大学、リール、ニーム、パリ、ルーアン、ストラスブール、ナントである。
 
病院での鍼で、よくみるのは疼痛、片頭痛、頭痛、妊娠による悪心と嘔吐である。
 
 
フランスの病院でも疼痛、頭痛、悪心・嘔吐です。
 
 
 
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする