MENU

肝欝気滞型不眠症における肝胆経への熱敏灸

 

2018年3月、一流科学出版社『エルゼビア社』から出版されている『ワールド・ジャーナル・オブ・アキュパンクチャー・モクシバスチョン(世界鍼灸雑誌)』
「肝欝気滞型不眠症患者の不安とウツへの熱敏灸とエスタゾラムの効果の比較」
Effect comparison of thermosensitive moxibustion and estazolam on anxiety and depression in the patients of insomnia differentiated as liver qi stagnation
LichunLI(李丽春)YanLIANG(梁燕)YonghongHU(胡永红)NaQIN(秦娜)DelongLI(李德龙)ChunshengJIA(贾春生)
World Journal of Acupuncture – Moxibustion
Volume 28, Issue 1, March 2018, Pages 15-18

 

以下、引用。

クリニックにおいて太衝(LR3)と丘墟(GB40)は肝経と胆経の原穴として重視されており、肝気を調節するのに働く。この2穴に熱敏灸することで肝気がスムースに流れる効果を強め、肝欝気滞の患者の睡眠の質を改善するのである。

この研究結果は、肝経と胆経の原穴の熱敏灸が睡眠の質を顕著に改善する結果を示した。

 

肝鬱気滞の不眠に対し、肝経の原穴の太衝に棒灸して治療します。熱敏灸は中医学の中から出てきましたが、中医学のパラダイムを超える可能性があると思います。

 

2018年9月「肝欝気滞型不眠症への肝胆経の原穴への熱敏灸による治療効果の観察」
肝胆经原穴热敏灸治疗肝郁气滞型失眠症的疗效观察
李丽春 邢海娇 梁燕 胡永红 安鑫 和学欣 贾春生
《针刺研究》 2018年09期


これは60例の肝欝気滞型不眠症の患者さんに対して肝胆経の原穴である太衝(LR3)と丘墟(GB40)を毎日、片側ずつ(右太衝ー右丘墟、左太衝ー左丘墟)に熱敏灸するグループと、エスタゾラムの内服という薬物療法を比較したところ、熱敏灸では30例中27例86.7パーセント、薬物療法は30例中19例63.3パーセントが改善したという臨床試験です。

 

肝欝気滞型不眠症の患者さんの太衝や丘墟を棒灸で補陽するというのは、昔のドグマにとらわれた、教条主義的で硬直した中医学鍼灸ではありえなかったことです。しかし、臨床試験をやってみたら西洋薬より効いています。熱敏灸から中医学鍼灸は復活する可能性があると思います。

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次